千葉県柏市 やぎはし整体院

千葉県柏市のやぎはし整体院のお客様の笑顔写真   首とO脚の施術前後の写真

脳梗塞・脳出血後の後遺症が悪化した



<脳梗塞・脳出血後の後遺症が悪化したとは?> 



脳梗塞・脳出血後、後遺症が残る方が多いです。

その後遺症が、リハビリを行なっていくと、良くなるのではなく、悪化する方がいらっしゃいます。

なぜ、良くなるはずが悪化するのでしょうか?
 

<脳梗塞とは?>
 
脳にある血管が詰まり、脳に血液が行き渡らなくなることで、脳に異常をきたし、身体に障害をきたすことを言います。


<脳出血とは?>

脳の血管が傷つき、脳内に血液が充満して、脳を圧迫することで、身体に障害をきたすことを言います。


<脳出血・脳梗塞の症状>
 
脳の血管が傷ついたり、血管が詰まったりすることで、脳へ栄養が行き渡らなくなり、脳の機能が低下または、消失してしまうことを言います。

具体的には、四肢のしびれ、感覚が鈍くなる、感覚が消失する。

力が入りにくくなる。力が入らなくなる。

言葉がうまくしゃべれなくなる。

忘れっぽくなる。

また、障害部位や重症度によって頭痛、めまい、吐き気や意識が薄れる、最悪の場合、死に至る場合もあります。


<脳梗塞の原因>

喫煙や大量の飲酒、糖分の摂りすぎなどの、生活習慣の乱れからくる、動脈硬化が大きな原因とされています。


<脳出血の原因>

ほとんどが高血圧によるものと言われております。



<後遺症が悪化する原因は?>



脳梗塞や脳出血後の後遺症として様々な症状が現れます。

具体的には、

@手足の緊張が高まった
A痛みやしびれが生じている
B手足が不安定になった
C力が入りにくい
などです。

これらの症状に対して、機能を回復させようとリハビリで筋力トレーニングを行なうことが多いです。
 
しかし、麻痺した筋肉に対して筋力トレーニングを行なうと、過度な負荷となり、状態が悪化することが多いです。

バランストレーニングも同じく、筋力が低下した状態で、行なうと緊張が強まり、悪化する場合が多いです。

その為、リハビリを行なっていてもなかなか良くならない。

むしろ、悪化していると感じてしまうことがあります。

さらに悪いことは、今までのトレーニングが足りないと感じてしまう方は、さらに筋力トレーニングのレベルを上げて頑張ってしまう方がいらっしゃいます。

そうなると、筋力トレーニングを頑張れば頑張るほど悪くなってしまうという、悪いサイクルにはまってしまいます。

これが、後遺症が悪化するメカニズムです。



<当院の整体>



当院では、脳梗塞や脳出血後のお客様も整体を受けることができます。

脳梗塞や脳出血による後遺症は、あたかも、脳梗塞や脳出血からくる症状のように見えても、実は、「関節や筋肉のこわばり」が原因である方も多いです。

また、脳梗塞や脳出血による筋力低下がある場合には、筋力トレーニングを行うことが悪いわけではありませんが、その前に関節や筋肉の調整を行なっておくことで、筋力向上の効果が高まることもあります。
 
そのため、当院では、後遺症が悪化する前に、関節や筋肉の状態を正常化しておくことをお勧めしています。
 
リハビリをしているのに、なかなか改善傾向にない、むしろ悪化傾向にあるという方は、お気軽にご相談ください。


後遺症のそれぞれの原因は、以下をご覧ください。


@手足の緊張が高まった

身体の緊張が高まる原因として、関節の動きが悪くなっている事が挙げられます。

麻痺した筋肉で、動きづらい関節を動かそうとするため、いつも通りの生活をしているだけでも、どんどん緊張が高まってしまいます。


A痛みやしびれが生じている

脳卒中の後遺症の中で、本来、痛みは出現しません。

何らかの原因で筋肉のこわばりが生じ、血流が悪くなります。

それによって、麻痺した筋肉は、さらに血流が悪くなります。

そのため、痛みを感じてしまうのです。

脳卒中の後遺症の中で、しびれが起こるということはありますが、筋肉や関節の硬さが原因でしびれになっていることもあるため、「脳からくるしびれ」と決めつけるのは早いのです!


B手足が不安定になった

手足が不安定になっている方は、力の入れるタイミングや力の入れるバランスが悪くなっていることが多いです。

つまり、自分のイメージするようにうまく力が入らないということです。

日によって調子が悪く、身体が重いと感じることがあると思いますが、脳卒中の後遺症がある方は、それが著明に現れるため、手足が不安定になります。 

この原因として、関節がスムーズに動いていないことが挙げられます。

関節の周りにある組織が硬くなっていたり、関節の中にある潤滑液が正しく機能していなかったりすると起こります。


C力が入りにくい

「手足が不安定になる」と同様に、関節がスムーズに動いていないと、関節を動かす際に抵抗が強まり、麻痺した部分はさらに力が入りにくくなります。


このような後遺症の悪化は、非常に良くみられます。

「最近、なんか変だな?」と感じたら、お気軽にご相談ください。



当院の整体を詳しく見る

多くの喜びの声を見る



フェイスブックバナー


アメーバ公式ブログ

YouTube動画投稿リンク


千葉県柏市のやぎはし整体院の院長の顔写真
院長  八木橋宏幸


【求人】

理学療法士


広報スタッフ


受付スタッフ




【研修・セミナー】

研修生 (募集中)
〜当院の考え〜






〜整体技術〜



〜整体〜



神経系




首・頭蓋骨








産前(妊婦)・産後



腹直筋のトレーニング@


腹直筋のトレーニングA


腹直筋のトレーニングB


腹直筋のトレーニングC


腹直筋のトレーニングD


腹直筋のトレーニングE


腹直筋のトレーニングF


腹直筋のトレーニングG


腹直筋のトレーニングH


腹直筋のトレーニングI


腹直筋のトレーニングJ


腹直筋のトレーニングK


腹直筋のトレーニングL


腹直筋のトレーニングM


腹直筋のトレーニングN


腹直筋のトレーニングO


腹直筋のトレーニングP


腹直筋のトレーニングQ


腹直筋のトレーニングR


妊娠中の体重増加の内訳


産前(妊婦)・産後の尿漏れ


産前(妊婦)・産後 骨盤歪み


産前(妊婦)・産後の背中痛


産前(妊婦)・産後のむくみ


産前(妊婦)産後こむら返り


産前(妊婦)産後 鼠径部痛


産前(妊婦)・産後の恥骨痛


産前(妊婦)・産後の肩こり


産後の抜け毛


マタニティ・ブルーズ


産後うつ


産後のイライラ


産後の手首の調整


産後の手首の神経の調整


産後の膝の調整


産後の体型の崩れ


産後の尿失禁




ひざ







腰椎椎間板ヘルニア


腰椎分離症


腰椎すべり症


変形性腰椎症


腰部脊柱管狭窄症


慢性腰痛を改善する?


骨盤ゆがみと腰痛の関係


股関節と腰痛の関係


頸椎と腰痛の関係


坐骨神経痛の整体


坐骨神経痛の整体は筋肉


坐骨神経痛は筋膜の乱れ


腹筋から腰痛がでる?


婦人科の病気と腰痛


腎臓と腰痛の関係


関節の動きが悪いと腰痛


腰痛とインナーマッスル


腰痛と自律神経の関係


筋性腰痛のメカニズム


側弯症


仙腸関節炎


腰椎椎間板症


梨状筋症候群


ぎっくり腰


ハムストリングスの調整


腓腹筋の調整


背骨の関節調整


腰方形筋の調整


大腰筋の調整


腰部調整は、皮膚も重要


パーキンソン病と腰痛


痛みの記憶による腰痛


腰痛体操は間違い


骨粗鬆症による腰痛


腰痛とサッカーの関係


腰痛とバスケの関係


腰痛とテニスの関係


腰痛と野球の関係


腰痛とマット運動の関係


腰痛とバレーボール


腰痛 ラグビー アメフト




スポーツ




股関節




その他



関節リウマチ


骨折後の関節の硬さ


むくみ


重だるさ


(特発性)側弯症


踵骨骨端炎


冷え性


仙腸関節炎


神経障害性疼痛


肋間神経痛


呼吸の調整


肺がん手術後の痛み

(背中・胸)


ぎっくり背中


ぎっくり脇腹


脳腫瘍・小脳腫瘍の手術後

@手足の緊張が高まった

A痛みが生じている

B脚が不安定になった

C力が入りにくくなった
など


脳梗塞・脳出血後の後遺症

@手足の緊張が高まった

A痛みが生じている

B脚が不安定になった

C力が入りにくくなった
など