千葉県柏市 やぎはし整体院

千葉県柏市のやぎはし整体院のお客様の笑顔写真   首とO脚の施術前後の写真

腹筋が裂ける(腹直筋離開)

 
( Diastasis Rectus abdominis )


まぎらわしいホームページ、記述にご注意ください。

(当院の記述を貼り付けているサイトがございます。ご注意ください。)

当院には、千葉県だけでなく、東北、関西、関東全域からお客様がご来院されます。

さらに日本だけでなく、アメリカ、香港といった世界中から問い合わせがあります。

正しい方法で腹直筋を調整しましょう!!




腹直筋離開について



妊娠中、または出産時に「腹筋が裂ける」ことを、「腹直筋離開」といいます。





腹直筋離開の症状や感じ方としては、以下のようにおっしゃる方が多いです。

・腹筋がさけている

・おなかが変な感じがする

・おなかに力が入らない

・おなかの筋肉がおかしい

・横になると、おなかが垂れる

・おなかが動く

・おなかに亀裂がある

・四つ這いになると、おなかが垂れる

・内臓が支えられていないような感じがする

・でべそが治らない

・お腹に力を入れると、おなかの形が変になる

など

腹直筋というのは、お腹の筋肉で、一番表面にある筋肉のことです。

お腹に力を入れると、板チョコのように、お腹が割れる人がいますが、その筋肉が腹直筋です。

その腹直筋が、妊娠に伴う子宮の増大で、筋膜と腱膜が緩みます。

そして、真ん中から左右に裂けてしまうことがあり、それを「腹直筋離開」というのです。  

2pまたは、指2本の幅よりも広い離開は重大だと考えられています。


通常のお腹と腹直筋離開のお腹

「運療法大全」から改編して掲載。



正常の妊娠では、胎児の頭は下を向き、右骨盤のほうを向いています。

(胎児の背中が母体の左側を向き、顔が右骨盤を向く = 第一胎向)

それは、母体の右腹部に肝臓があるため、第一胎向のほうが収まりが良いためです。 

第一胎向が、全体の約2/3を占めると言われております。
 

しかし、腹直筋離開になると、胎児の頭は下向きでも、左骨盤のほうを向いていたり(第二胎向)、ひどくなると逆子になることが多いです。 

(胎児の背中が母体の右側にあり、顔が左骨盤を向く = 第二胎向)

(第二胎向は、異常ではありません。ご安心ください)


9割以上の妊婦が腹直筋離開になると言われています。 

腹直筋離開は、自然治癒(産後6ヵ月〜1年)する方もいるのですが、治らない人もいます。

したがって、確実に検査をして、適切な治療をすることが重要なのです。

また、産後、でべそになった方は腹直筋離開の可能性が非常に高いです。

でべそになっ方は、一刻も早くご相談ください。

 

<腹直筋離開に対する病院・産婦人科での対応>
 

諸外国の病院では、妊娠中から出産後にかけて、きちんと腹直筋離開の検査を行ないます。

そして、腹直筋離開がある方には適切な治療・指導が行われています。  

しかし、日本では、腹直筋離開に対する理解が少ないようです。
  
病院に行っても、外科に回されたり、どこの科に行ったら良いのか分からなかったりしています。
 
医師でも腹直筋離開に対する重要性と深刻さを理解していない方もおり、患者様は困っています。
 
「見た目の問題でしょ!」「放っておけば治るよ!」「腹筋でもしていたら!」と言う医師が多く、不親切です。

また、「帝王切開したんだから、腹直筋が開くのは当たり前でしょ!」と言われた方もいます。
 
帝王切開で、腹直筋離開になるのであれば、事前にリスクの説明があるはずです。
  
事前に説明がないにもかかわらず、帝王切開が原因で腹直筋離開になったのであれば、それは手術前の説明不足で訴訟問題になる可能性があります。
 
しかし、多くの腹直筋離開は、妊娠中にすでに発症しています。

したがって、帝王切開で腹直筋離開になるということはありません。

やはり、このようなことからも、医師の腹直筋離開に対する理解が乏しいことが推測されます。



<腹直筋離開の原因



妊娠中の腹直筋離開は、

@ホルモンの影響

A妊婦の体の変化

により生じると言われています。

分娩時、息をこらえることによっても発現すると思われている。



<腹直筋離開による影響>



・腰痛が生じる。

・体幹の安定性が損なわれ、姿勢が崩れるため、肩こりや頭痛が生じる。

・胎児を保護できなくなる。

・内臓が飛び出ることがある。⇒手術が必要!!しかし、エクササイズは必須!!

・産後、腹部に力が入らず、動きにくい。(赤ちゃんを抱っこしにくい)

・おへそのヘルニアになる(でべそ)

・産後の体型の戻りが悪い

・40〜50歳代での体型の崩れが著しい

・60〜70歳で、脊柱管狭窄症  ・  脊椎分離症  ・  腰椎すべり症になりやすい


*腰痛で当院にいらっしゃった60歳代の方のMRI画像です。

60歳代の方の腹直筋離開のMRI画像


この方は、腰椎すべり症と腰痛で当院に来院されました。
 
その時、腹直筋離開がみつかりました。

20歳代の時の出産でできたと考えられます。

20歳代でできた腹直筋離開の影響が60歳代になって出てきたのです。
 
このことからも、早期に腹直筋離開を改善させておくことが、将来の自分の体を健康に保つために必要と思われます。 



<腹直筋離開の検査>



【上体起こし検査】

.両ひざをたてて、仰向けになる。

2.その後、顎を引いたまま、ゆっくりと頭・肩を持ち上げるようにする。

3.へその位置、へその上、へその下の3か所でお腹をさわる。

4.離開があれば、割れ目に指が入っていく。(2本入ると、重症!!)



腹直筋離開の検査

「運療法大全」から掲載。


5.さらに、腹直筋離開した部分から、内臓が盛り上がる。(Doming Abdomen)


腹直筋離開のDoming Abdomenの写真


「physiotherapy Association of british columbia」から掲載。


【脚挙げ検査】

1.脚を伸ばし、仰向けになる。

2.その後、一側の脚を床から5p拳上する。

3.へその位置、へその上、へその下の3か所でお腹をさわる。

4.離開があれば、割れ目に指が入っていく。(2本入ると、重症!!)


以上の検査で、

1.背中や骨盤に痛みがある

2.お腹の真ん中あたりの腹直筋が柔らかかったり、離開があったりする

3.お腹に膨らみがある

4.会陰部が下がるような感覚や膨らむ感覚がある

1つ以上の項目が当てはなる方は、運動を始める前に腹部と骨盤底筋の詳しい検査が必要です。

(当院で行うことができます。ご相談ください。)



<注意が必要なヘルニアと脱腸について>
 
腹直筋離開と合併して、多くのヘルニアが生じることがあります。   

おなかを支える筋肉がうまく働かなくなるため、食後は腸が動くのを感じたり、おへそが出てきたり、さらにおなかがぽっこり出てきたりします。

食前後でこのような変化が出る方は、ヘルニアの可能性が高くなるため、危険です。


腹直筋離開に伴う白線ヘルニアや腹壁ヘルニア


「分冊解剖学アトラス 運動器Tより掲載」


おへそのヘルニア(臍ヘルニア)・・・でべそになる

腸のヘルニア(脱腸)・・・おなかがぐにょぐにょと動く 

おへその上のヘルニア・・・腹筋の白線上にぷっくりと生じる
   (上腹壁ヘルニア、前腹壁ヘルニア・白線ヘルニア)

 
腹直筋離開とヘルニアは全く別物であるため、注意が必要です。  
  
腹直筋離開にヘルニアを合併しても、保存療法で改善する可能性は高いのですが、万が一、ヘルニア部分に痛みが生じたり、激しい腹痛が続く場合は、すぐに外科を受診してください。

外科的手術が必要になることがあります。

しかし、ひどいヘルニアがあっても、手術をしない場合があります。



<当院の腹直筋に対する調整>


当院では、腹直筋に対するアプローチを行なうことができます。
 
「腹筋してれば治るから!」と医師に言われても、普通の腹筋運動は行わないでください。
 
確実に失敗します。(悪化します。)
  
産後ダイエット目的や骨盤調整目的で行うダンスエクササイズが流行っていますが、腹直筋離開のある方には危険です

腹筋運動の行ない方、回数、頻度は人それぞれ異なります。

絶対に骨盤固定のラインよりも高い位置で止める衣類(タイツ・パンツなど)はダメです!!


腹直筋離開のある方は、インナーマッスルや腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋の機能障害が合併していることがあり、産後の体型や腹部の戻りが悪いことが多いです。


したがって、当院では、このインナーマッスルや腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋の機能障害を改善するために、関節や筋肉を整える整体を行ないます。




ヘッドリフト

1.両ひざを立てて、仰向けになる。

2.腹直筋離開の位置で、手を交叉させて支えにする。

3.息を吐き、床から頭部のみを持ち上げる。同時に、手で腹直筋を真ん中に合わせる

4.次に、ゆっくりと頭を下げる。



腹直筋離開の腹部固定による腹直筋エクササイズ
「運療法大全」から掲載。



ヘッドリフトと骨盤傾斜

1.両ひざを立てて、仰向けになる。

2.腹直筋離開の位置で、手を交叉させて支えにする。

3.息を吐き、床から頭部のみを持ち上げる。同時に、骨盤を後方に傾斜させる。

4.次に、ゆっくりと頭を下げ、力を抜く。
 


自宅で簡単にできる腹直筋トレーニングのハンドブック完成!!

お客様からのご要望の多かった腹直筋トレーニングをまとめました!!
(以下は、一部抜粋)


 
腹直筋離開トレーニング表紙


腹直筋離開トレーニング@ 腹直筋離開トレーニングA



悪い方法で行うと、改善しないばかりか、悪化します。

ヨガ、ピラティス、骨盤矯正などで効果がない場合は、当院のトレーニング法がおススメです!

オールカラー全25ページ(写真多数) 各トレーニングにコメント付きです。

当院でしか受けれなかったトレーニング法をこの一冊にまとめました!!


詳しくは、腹直筋トレーニング法のページへ!

税込2160円

郵送の場合、送料 税込1000円

(郵送の場合、銀行振込でのお支払になります。)

ハンドブックに関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ!



<ご注文方法>

お電話 04-7100-2101

E−Mailでのご注文も可能です。

0495jqpf@jcom.home.ne.jp


腹直筋離開の手術を受けた方のためのハンドブックもご用意しております。

腹直筋離開の手術を受けた方もお気軽にご相談ください。


腹部の固定
 
さらに、おなか(内臓)や腰を保護するために、腹部を固定する必要があります。

産後ショップや一般のお店では、柔らかいサポーターであったり、丈が長くて肋骨や大腿骨を圧迫したりと不具合が大変多く、皆様から相談を受けます。

そこで、当院おすすめの腹直筋の固定帯をご紹介します。




腹直筋離開を固定するサポーター

「Medical BOOKVol.12から掲載」


利点

・腹直筋離開を常時、固定してくれる。

・肋骨を圧迫しないため。痛くない。

・大腿骨を圧迫しないため、痛くない。

・調節が楽である。

・臍ヘルニアも改善が期待できる。

・腹圧を与えてくれるため、腰痛が和らぐ(お腹に力が入る)


腹直筋離開サポーターの補助バンド


・通気性が良いため、むれない。


腹直筋離開サポーターの支柱  腹直筋離開サポーターの通気性



・硬い支柱が2本入っているため、腰痛がある方にもおススメです。



腹直筋離開サポーターの固定性



市販の産後サポーター、ベルトで効果がない場合は、当院おすすめの固定帯をどうぞ!


詳しくは、腹直筋サポーターのページへ!



サイズ:おへそから5p下の胴周りを基準

S(58〜73p) 4860円

M(68〜85p) 4860円

L(80〜100p) 4860円

LL(95〜120p) 5400円

3L(115〜135p) 5940円

郵送の場合、送料 税込1000円

(郵送の場合、銀行振込でのお支払になります。)

固定帯に関するお問い合わせはお気軽にどうぞ!



<ご注文方法>

お電話 04-7100-2101

E−Mailでのご注文も可能です。

0495jqpf@jcom.home.ne.jp

固定帯の詳しい説明は、こちらからどうぞ!



<腹直筋の調整で重要なこと>


1.なるべく一人では行なわない!!  (第3者の固定補助があると改善が早いです)


2.固定をマスター!!


3.継続!!

以上の3つのことが大変重要になります。

なんとか一緒にがんばりましょうね(^_^)



【お客様の喜びの声】


K・M様 35才 女性

おへそ周辺の痛みが改善したK・M様のお喜びの声





K・A様 女性

腹直筋の調整を行ない、
産前のように体型が戻り、筋力が使えるようになりました!!


腹直筋離開の手術後(腹壁瘢痕ヘルニア)の整体を行い、筋力や痛みが改善したA様の喜びの声



<腹直筋離開を予防する>


腹直筋離開を予防することは、非常に簡単です。

しかし、多くの方は行っておりません。

また、病院で医師や助産師さんも教えてくれません。
   
腹直筋離開の発症原理は、実にシンプルで、妊娠中に「胎児が大きくなるにつれて生じる腹部への横方向の負担」です。
 
そのため、腹直筋に裂ける力が加わり、腹部中心の白線と言われる組織が薄くなり、伸びてしまい、腹直筋離開が生じます。

この横方向の負担を減少させれば、腹直筋離開は予防することが可能です。

すなわち、腹帯やさらしで胎児ごと腹部を支えてあげることが重要になります。

これは、特別なことではありません。

昔は普通に行われていたことです。

最近では、多くの方が妊娠中の腹部固定を行わなくなりました。

あつい、きつい、面倒くさい等の理由で行わない方が大半です。

当院にいらっしゃる方は、ほぼ100%で妊娠中の固定をしていない方でした。

出産後に育児を行えない危険や、見た目にもショックを受ける腹直筋離開は予防することが一番です。

どうか、お知り合いに妊娠中の方がいらしたら、教えてあげてください。

よろしくお願い致します。



<腹直筋の調整、トレーニングの注意点>


1.固定しないで行う腹筋運動は、悪化します。

2.脚挙げトレーニングは、悪化します。

3.トレーニング中、固定した腹直筋を触診していないと悪化します。

4.ヨガ、ピラティス、パーソナルトレーナーによる腹直筋離開のトレーニングは悪化します。
  (お客様の状態をみて判明しました。お気を付けください。)

5.トレーニングを行えば行うほど、悪化する方がいます。



<当院の産前・産後のスペシャリスト整体師>


千葉県柏市の腹直筋離開の整体師


やぎはし院長の大先輩!!

10年以上のキャリアを持つスペシャリスト!!

4児の母でもあり、産前・産後にも深く精通している!

知識も豊富で、お客様からの信頼が高い!


腹直筋離開の治療@   腹直筋離開の治療A 

腹直筋のトレーニング@へ進む


産前・産後の整体を詳しく見る

こちらの記事もご参考にして頂くと、大金整体師の知識の深さがわかります。

腹直筋離開(腹筋が裂ける!?)



腹直筋離開におけるサポーターとトレーニング法


                    上に戻る


当院は、赤ちゃん・お子様連れOKの整体院です(^^)v
完全個室のキッズスペースがあります。
整体中は、当院スタッフが責任を持ってお世話致します。
整体される方のご主人・ご家族の方も一緒にお待ち頂けます。
院内での授乳・おむつ替えも可能です!!
お気軽にご来院ください(^^)



☆キッズスペースを作りました(^^)☆

産後の整体を希望するお子様連れのお客様が
大変多くいらっしゃるようになりました。

そのため、完全個室のキッズスペースを作りました!!

ぜひ、ご活用下さい\(^o^)/

キッズスペース写真@


フェイスブックバナー


アメーバ公式ブログ

YouTube動画投稿リンク


千葉県柏市のやぎはし整体院の院長の顔写真
院長  八木橋宏幸


【求人】

理学療法士


広報スタッフ


受付スタッフ




【研修・セミナー】

研修生
〜当院の考え〜






〜整体技術〜



〜整体〜



神経系




首・頭蓋骨








産前(妊婦)・産後



腹直筋のトレーニング@


腹直筋のトレーニングA


腹直筋のトレーニングB


腹直筋のトレーニングC


腹直筋のトレーニングD


腹直筋のトレーニングE


腹直筋のトレーニングF


腹直筋のトレーニングG


腹直筋のトレーニングH


腹直筋のトレーニングI


腹直筋のトレーニングJ


腹直筋のトレーニングK


腹直筋のトレーニングL


腹直筋のトレーニングM


腹直筋のトレーニングN


腹直筋のトレーニングO


腹直筋のトレーニングP


腹直筋のトレーニングQ


腹直筋のトレーニングR


妊娠中の体重増加の内訳


産前(妊婦)・産後の尿漏れ


産前(妊婦)・産後 骨盤歪み


産前(妊婦)・産後の背中痛


産前(妊婦)・産後のむくみ


産前(妊婦)産後こむら返り


産前(妊婦)産後 鼠径部痛


産前(妊婦)・産後の恥骨痛


産前(妊婦)・産後の肩こり


産後の抜け毛


マタニティ・ブルーズ


産後うつ


産後のイライラ


産後の手首の調整


産後の手首の神経の調整


産後の膝の調整


産後の体型の崩れ


産後の尿失禁




ひざ







腰椎椎間板ヘルニア


腰椎分離症


腰椎すべり症


変形性腰椎症


腰部脊柱管狭窄症


慢性腰痛を改善する?


骨盤ゆがみと腰痛の関係


股関節と腰痛の関係


頸椎と腰痛の関係


坐骨神経痛の整体


坐骨神経痛の整体は筋肉


坐骨神経痛は筋膜の乱れ


腹筋から腰痛がでる?


婦人科の病気と腰痛


腎臓と腰痛の関係


関節の動きが悪いと腰痛


腰痛とインナーマッスル


腰痛と自律神経の関係


筋性腰痛のメカニズム


側弯症


仙腸関節炎


腰椎椎間板症


梨状筋症候群


ぎっくり腰


ハムストリングスの調整


腓腹筋の調整


背骨の関節調整


腰方形筋の調整


大腰筋の調整


腰部調整は、皮膚も重要


パーキンソン病と腰痛


痛みの記憶による腰痛


腰痛体操は間違い


骨粗鬆症による腰痛


腰痛とサッカーの関係


腰痛とバスケの関係


腰痛とテニスの関係


腰痛と野球の関係


腰痛とマット運動の関係


腰痛とバレーボール


腰痛 ラグビー アメフト




スポーツ




股関節




その他



関節リウマチ


骨折後の関節の硬さ


むくみ


重だるさ


(特発性)側弯症


踵骨骨端炎


冷え性


仙腸関節炎


神経障害性疼痛


肋間神経痛


呼吸の調整


肺がん手術後の痛み

(背中・胸)


ぎっくり背中


ぎっくり脇腹


脳腫瘍・小脳腫瘍の手術後

@手足の緊張が高まった

A痛みが生じている

B脚が不安定になった

C力が入りにくくなった
など


脳梗塞・脳出血後の後遺症

@手足の緊張が高まった

A痛みが生じている

B脚が不安定になった

C力が入りにくくなった
など